FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんこんにちわ。

さて、前回に引き続き、今日も政治のお話です。

しかし、前回のコメントでほくさんと紅から、よく分からないという指摘を受けましたので、今回は少し基本的なところに戻って、民主主義とはなにか、選挙がなぜ必要なのかというところを僕なりに、できるだけ分かりやすい言葉を使って書いてみようと思う。

ほくさんと紅以外でも、ぜひ選挙権を持つ有権者諸君及び、まだ選挙権を持たない学生の諸君も、アレルギーを起こさず一読してほしいと思う。

あなたの一票がどれほど重く、どれほどの責任を負っているのかを少しでも自覚していただければ幸いです。
1)民主政治の思想と原理

中学の公民や高校の政治経済・現代社会でもう習ったと思うから、すごく簡単におさらいしてみよう。

そもそも民主政治っていうのはその国のすべての人が自由で平等な生活を送る権利を得るために、近代ヨーロッパの人権革命や、アメリカの独立戦争などの多くの犠牲と血の上に生まれた国家形態なんだったよね?

民主政治が万能というわけではもちろんないけど、それでも現在の地球上の政治システムの中で、国民に自由と平等を下支えにした幸せを最大限もたらしてくれる政治システムなのは間違いないんだ。

イギリスのウィンストン・チャーチルはこんなふうに言っている。

「民主制は最低の政治システムだ。これまで試みられてきた民主制以外のすべての政治システムを除けば」

政治評論家の三宅久之氏もこのチャーチルの言葉を受けて自著の中でこう言っている。

民主制は手間隙がかかるシステムです。

ことに日本のような二院制では選挙にかかるコストも議員のお給料も2倍。メディアに踊らされる有権者もいれば、お金に汚い政治家もいます。重要な決定をするのに、気が遠くなるような手続きと時間がかかります。

例えそうだとしても、どんなに清廉潔白(せいれんけっぱく)な独裁者が治める国家より、どんなにスピーディな意思決定が下せる軍事国家より、グズでどうしようもない民主制国家の方がずっとマシなのです。
(45分で分かる14歳からの日本の選挙。より抜粋)


分かりやすい例をあえて無理やり出すと、メイプルストーリーというオンラインゲームはNEXONという会社がすべて取り仕切っているよね?

NEXONがロールバックと言えばそれに従うしかないし、明日から全員の持ち金を10000メルにすると言えばそうなっちゃうよね?

僕たちは、それを受け入れるかゲームをやめるかの選択権を持っているけど、北朝鮮に住んでいる人たちは、こんな国にいられないと思って亡命しようとしたら国境で射殺されてしまうんだ。

民主制とは、日本国憲法の三大原理の一つ、国民主権を具現化した形なんだ。

憲法とは国の最高法規であり、国民の幸せを他のいかなるものからも侵害させないという国家の基盤なんだ。

国民主権って何?っていう答えはその憲法にちゃんと明記されているんだよ。

ここで、日本国憲法の前文の書き出しを見てみよう。

前文
 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢(けいたく)を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、この権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基づくものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。

ね、ちゃんと前文のそれも書き出しに書かれているでしょう?

じゃあここで、赤字にしたところを見てみよう。

>>日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し

つまり、選挙で選ばれた人を僕たちの代表者として、その代表者を通じて僕たちは行動しますと言っているんだ。

>>わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢(けいたく)を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起こることのないやうにすることを決意し

僕たちのおじいちゃんやおばあちゃんは赤紙と呼ばれる政府から勝手に送られてくる一枚の紙切れで兵卒として命を奪われていったんだよ。

だからそんな理不尽なことは二度とごめんこうむる。と言っているんだね。

>>ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものであつて、その権威は国民に由来し、この権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。

政治を行う人たちは国民から預かった権力であることを忘れてないでくださいね。そしてその政治は国民のために行うものであって、その政治によって得た幸せや利益は国民がきちんと受け取れるようにしてくださいって言っているんだね。

なんだか当たり前のことだけど、そんな当たり前のことも僕たちのおじいちゃんやひいおじいちゃんは保障されてなかったんだ。

これで選挙に行くということがどれほど大切で、どれほど責任のあることか分かったかな?

だって、僕たちは自分たちの生活や幸せや自由なんかをすべて政治を行う人たちに預けますって宣言してるもんね。

選挙に行かないということは自分たちの生活や幸せや自由なんかをどうぞ好き勝手に決めてくださいと言ってるのと同じなんだ。

分かりやすい例を最近の時事事情から出すと、今、自衛隊の存在をどうするかで議論が交わされてるよね?

でも選挙に行かないってことは、政治家が中国や北朝鮮からの脅威から自衛隊を増強します。そのために18歳から、2年間、自衛隊への入隊を義務とします。
これに反した場合、その後の生活は著しく制約されます。

なんていう法律を作られたとしても何も言えないんだよ。

こんなの困るよね。

もっと現実的な話をすると、1995年に起こった阪神淡路大震災だ。

これは当時政権与党(政権与党とは政権を与えられたという意味)だった社会党の自衛隊アレルギーから、自衛隊の人命救助出動命令が遅れに遅れて、そのために家屋の下敷きや業火の中で尊い日本国民の命が奪われた人災だと言われているんだ。

でもそれは日本国民が社会党に選挙によって政権を預けたからとも言えるよね。

近い例だと小泉純一郎さんだね。

みんな知ってるよね?

でも小泉さんは圧倒的な国民の支持を得て総理大臣になっていろんな改革を行ったけど、その結果社会的弱者と地方はとんでもない辛酸を舐めることになっちゃったんだ。

みんなもTVで公園にテントを張ってお正月を迎えた人たちを見たかな。

日本のいいところをとりあえず無視して、アメリカ的な資本主義を導入しちゃったからスラム街一歩手前な状態になっちゃったよね。

じゃあまとめようか。

さっきの憲法の前文を思い出してみて。

日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢(けいたく)を確保し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。

ここには国政の話しか出てないけど、選挙を通じて国民は代表を決めてその代表者を通じて行動すると宣言してるんだ。

大阪府知事の橋本徹さんはこんなことを言ってるよ。

「民間企業は悪い製品を作れば買ってもらえず倒産するしかないけれど、公務員と政治家は税金を強制的に取り上げて給料をもらってるんだから、限られた財源の中で最大最高のサービスを提供する義務がある」

当然だよね。

でもそれを当然だと思わない政治家もいっぱいいるからね。そしてそれを当然だと思う政治家だったとしても100%すべての国民の望みは当然叶わないよね。

だってみんなそれぞれ立場も環境も思想も主義も違うんだから。

大阪府知事が橋本徹さんなのは知ってるよね?

大阪は47都道府県で唯一財政赤字が毎年出てた借金大国だったんだ。

だから橋本さんはこのままではまだ生まれてもいない大阪の未来の子供たちがとんでもない苦境に立たされることになるから、僕たちが未来の子供たちを守ろうと言って知事に立候補して、大阪府民はその思いに自分の一票を投じたんだ。

そして大阪はしっかりと財政赤字から立ち直ったよね。
でも僕は大阪符の職員じゃなくてよかったと本当に思うよ。
だって、大阪府の職員は突然給料がスパーンと切られたんだから。(全国的にも公務員の給料は下がる一方である)

それでも足りないから府民の皆さん少しずつ泣いてください。と言って少しずつ府民にツケの支払いをお願いしたんだ。

例えばみんなもニュースで見たかな?女子高生が私学助成金をげずられて泣きながら私たちから勉強する機会を奪わないでくださいって直談判してたよね。

橋本さんは「なぜどうしても私立でなければいけないの?公立の自分の学力や能力にあったところで勉強してほしい」という言い分だったよね。

当然、府知事もできれば助成金を廃止したくはなかったけど、財政があまりにひどいから府民に泣いてもらった一例だよ。

ここで忘れてはいけないのが、僕は選挙なんか行ってないからそんな府知事選んでないよ。なんていうのは通らないんだ。

だって、選挙を棄権するってことは選挙に行った人に自分の意思を預けますってことなんだよ。

その代わり、僕たちは選挙に行ってもいいし行かなくてもいいよね。

別に行かなくても何も罰則も受けないし、行っても何かご褒美がもらえるわけでもないからね。

それが日本の選挙制度の一つで任意投票制っていうんだ。

だから自分の持つ一票は僕たちの生命・財産・自由・幸福・尊厳を守る本当に大きな価値のある権利であると同時に、未来への僕たちの子供や孫の生命・財産・自由・幸福・尊厳を守るための大きな責任でもあるんだ。

日本の国債は550兆円。地方債を合わせると800兆円を超えているんだよ。

それは借金だから当然返さないといけないよね。

だから毎年20兆円くらい僕たちの税金から返しているんだ。

平成20年度は20兆円ちょっと返してまた25兆円ほど借りてるんだけどね。。。

(平成21年度の国債発行額はなんと44兆円という。世界的金融危機を受けての補正予算だけで14兆円も発行したからね)

毎年20兆円あったらきっと色んなことができるよね。

例えばこのブログを読んでくれている人たちを対象にした政策だとすべての初等・高等教育費を無料化するとかね。

それと合わせて大学生には勉強費として毎月2万円を渡して、成績優秀者にはプラス2万円とかね。

当然そんなバカな法律できるわけないだろ。と思うかもしれないけど、そんなに現実離れした話でもないと思うよ。

だって20歳台の人が全員その政党を支持したらほんとにそうなっちゃうもん。

僕はもう大学生じゃないから「なんでそんなクソガキが遊ぶための金を俺の税金で払わなければいけないんだ!」って思うよ。

これは立場や環境、主義主張、思想の違う人すべての幸福を限られた財源内で叶えることはできないっていうのを分かりやすくするためにあえて大袈裟に書いたものだけど、現実的な話を一つ加えておくと、今問題になっているダム建設の話だね。

ダムには治水と利水の両方の観点からけして無駄ではないんだ。

でもそこに暮らす人にはとても有意義なものでもそこで暮らしていない人にはあってもなくてもあんまり関係ない。

そんなもんに500億円もかけるくらいなら俺の家の前のこの細くて危ない道路を太くて安全な道路にしてくれよ。って人がいてもおかしくないよね?

また暮らしててもそれによって環境が破壊されるくらいなら私は台風が来て水が溢れて流されても潔く死にます。っていう人もいるかもしれない。

こんなふうに絶対にすべての人を満足させることはできないんだ。

だから、その借金大国日本の国民である僕たちは、「自分自身のため」と、まだ生まれてすらいない僕たちの子供や孫たちの生活と幸せを守るために、その一票を行使する権利を持ってるということをどうか忘れないで。

それが民主制政治でそれが自分の持つ一票を行使するってことなんだ。

次回は20歳前後の人を対象に「メディアの情報の危なさと年金問題」というタイトルで記事を書く予定です。

今回の記事にあたり、参考にさせていただのは、前述した三宅久之氏著「45分で分かる14歳からの日本の選挙。」

帯「1票が国を動かす選挙の仕組みと政権交代。」です。

薄い本だし、字も大きい上に、難しいことは書いてないので、高校生以上の政治システムがよく分からない人にも概略を掴むことはできると思いますよ。

ちなみに僕は三宅氏のことを「三宅のじいやん」と愛敬の念を持って呼んでおります。

これから先も保守の論客として腐った政治に三宅節でガツンと喝を入れ続けてください。

その三宅氏を紹介して本日の記事終わり。

動画の選択は次回記事を念頭において選んでみました。

(YouTubeより。TVタックルでの三宅久之特集)




(YouTubeより。TVタックルで東海大学教授金慶珠さんとの一幕)



(ニコニコ動画より。たかじんのそこまで言って委員会から、小沢一郎の不動産保有についてマスコミに三宅節炸裂)ごめんなさい。YouTubeの方は消えててしかも動画じゃなくなってる;;



(YouTubeより。上の動画のその後を一応入れておきます)



(YouTubeより。たかじんのそこまで言って委員会「NHKの歴史歪曲に三宅久之さん激怒」)


たかじんのそこまで言って委員会に関してはまた必ず記事にします。

僕にとってバラエティでは今現在これよりもおもしろい番組はないので。

ではコメント返信

>>ほくさん

政権交代?ナニソレおいしいの?っていう状態から少しは変わってくれたかな;;

一生懸命分かりやすい言葉で書いたつもりだけど、まだまだ文章が下手で未熟な僕の言葉ではなかなか届かないかもしれないけど、この文章を読んで少しでも政治に興味を持ってくれたらとっても幸せです。


>>紅
あなたは立場上「は。政権交代?ナニソレおいしいの?」という状態は許しません(笑)
あなたには太郎や花子の幸せを守る義務があります。今すぐにとは言わないけど、選挙権を持つまでには必ず一票の重みと責任を自覚してもらいます。


>>オサン
個人的なブログやから、おかしくね?とかおいおいwってのは沢山あると思うが、まぁ許してくれw
今回はできるだけ俺の主義主張・思想を排除した中立・公正を心がけたんだけど、オサンにはそれをする必要ないから、どれだけバイアスかかっててもいいからコメントしてくれると嬉しいぞ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://moonknight777.blog114.fc2.com/tb.php/82-d2c72573
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。