上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆様お元気ですか?
お変わりありませんでしょうか?

現在3月18日(火)A.M5:56

今日はユミちゃんから回ってきた初めてのリレーということでそれをオタム独自のクオリティーでやってみたいと思っております。

これってなんか雑誌の取材を受けてるみたいで有名人になった気分?(アホ

というわけでコメント返信から^^
>みちゃさん
いつもいつもコメントありがとうございます。
みちゃさんは楽しくメイプルをプレイできているようで私としては嬉しく思います。
紅・オサンが言うように、みちゃさんの気持ちが月下としてうれしく思います。
ありがとうございます。


>非公開様
非公開様のギルドもかなり熱いギルドのようですね^^
いつの日か月下美人と何かの形でコラボでのイベントなどできたらなんて思います。
またよろしくおねがいします。


>紅
シリアス担当ですか・・・・・。
まあ言うのはタダなのでいくらでもどうぞ^^
よりいっそう言動には注意とのことですが、必要ないです。
あなたには小さくまとまってもらいたくない。
小さくまとまることによってあなたの個性がなくなることのほうが月下としてはマイナスだから。
今のまま、自由気ままなあなたの魅力を磨いて欲しいですね。


>ちび
正座?
するわけねえ(笑)
てかばらすんじゃなねえよ!!!
せっかく俺が完璧なフォローで乗り切ったのに・・・orz
ちびのメイプルへの姿勢は学ぶところが多いな。
これからもよろしくね^^


>非公開様
なんだか随分とシリアスな文面ですが何かありましたでしょうか?
なかなかお話しする機会もなく、ご無沙汰しておりますが、お元気で過ごしていることを切に願います。
応援メッセージありがたく心の中にしまわせていただきます。


>ちびさん
初コメスペシャルサンクス^^
ほんとにあなたはホープです(笑)
このコメント達にもありますが私が男を誘うのはほんとに珍しいのです(女好きだから
これからもちびさんのその優しさをシュールな笑いに変えるちびごめワールドで月下を盛り上げてくれると嬉しいです^^


>ユミちゃん
別に男だからと言って書類選考で落ちるというわけではありません。
言っておきますがBLではありませんよ!(笑)
ただ女好きなだけ(ぁ
それでもちびさんは特別だったのは間違いございません。
ほんとにすごくいい子なのでユミちゃんも目をかけてくれると嬉しいです^^


>天
ボス戦担当の何が不服なんだ!
じゃあ新しい役職お前にくれてやる!
新役は「ナンパ担当」だ!文句あるまい?


>あす
あすは癒し系なんだが・・・あのナースアバだけは見ると生気を吸い取られるな・・・。
あすには沢山助けてもらいました^^
ありがとう。
これからもよろしく。
ティズニーランド行くぜ!そこでも癒しを頼みます・・・。最近疲れているの;;


>オサン
この長いコメント・・・嬉しすぎる;
しかーしコメ返では短く返すのがオタムクオリティー・3・
新しいギルドできたんだってなw
がんばれマスター!
ほんとにオサンと会えてよかったわ;(キモいとか言うなよ!)
オサンがいつか言った「出会ってしまった」と言うあの言葉。
俺も同じ思いです・・・。
ハズイけどちょっと告白してしまったZE!


>青ちゃん
あらーw
醒めてるね(爆
確かにその通りなんだけども(笑)
絡んでね^^って言われても青ちゃんいつもromじゃん・3・
俺の台詞だよ・・・。
青ちゃん!ちょっとは俺とも絡んでね!


さてタイトルの通り今日はリレー。
はじまりまーっす^^

■ルール
★回された人は3日以内に回答すること
★嘘偽りなく答えること
★アンカー禁止
★守っていない場合は罰ゲームを考えてやらせること


■まずはバトンを回す5人を教えて下さい

ルールを超えたクオリティーを作りたい!
よって俺はアンカーを走る!
バトンは誰にもやらん!

■貴方の名前は?

一色 誠

■歳はいくつ?

いきなりきやがったな・・・。
このKYな質問・・・。
人に歳を聞くということがどれほどの重責かまるで分かっていない・・・。
いいか、歳というものはかなりのプライバシー要項だ。
そして歳なんてもの、重ねるごとにその意味を失っていく。
そんなものを聞いて何の意味があるのだろう。
よく考えて欲しい。
芸能人の公開プロフィールに載っている年齢などをバカ正直に信じている奴はいないだろう?
つまり、歳というものは容姿や知性などのその人自身を表す指標なだけであって、例えば俺が20歳だろうが30歳だろうが、俺自身の人間性は何も変わらない。
つまり歳など誰もが一年に一つだけ増える、時計と同じだ。
そんな小さいことを気にするな。

■好きなものは何?

これは即答してやる。



■恋人いる?

いますよ。
それが何か?
俺の女に手を出しやがったら貴様をスマキにして秩父山中に埋めるぞ!


■好きなタイプは?

彼女。
当たり前のことを聞くなよ・・・。
なんだ?のろけて欲しいのか?
しょうがねえな・・・。
少しだけだぞ?
まずは黒髪のロングストレートだ。
これが似合う女はそういない。
芸能人を見てみろ。
漆黒のロングを自分のものにしているのは柴崎コウくらいか?
ああ・・・言っとくがオバさんはだめよ?オバさんとは実年齢ではないけれどな!
いいか、さっきも言ったが実年齢など小さいことだ。
例えばだ、黒木瞳はオバさんではない!そして久本雅美もオバさんではない!
何が言いたいか分かってくれたか?
黒髪でロングのストレートが似合う女が柴崎コウの他にいるか?
いるなら俺に教えてくれ。ファンになるから。
というわけで彼女を語り始めたら原稿用紙100枚にはなるからこの辺でやめといてやる。
何?もっと聞きたいだと!?
俺も忙しいんだよ!
そんなに俺のタイプが知りたかったら俺の彼女を見て来い!
俺の彼女が俺のタイプを具現化したものだ。百聞は一見にしかずという言葉くらい知ってるだろう?

■嫌いなタイプは?

空気が読めない女(これは女に関わらず男も嫌いだ)
嫌いまでいかないことが多い。
他人に興味がないから。


■好きな漫画は?

・ワンピース(少年ジャンプ)
・始めの一歩(少年マガジン)
・海皇記(月刊少年マガジン)
・クロスゲーム(少年サンデー)
・グラップラー刃牙(少年チャンピオン)
・NANA(りぼん)
・薔薇のために(月刊Asuka)
・いたずらなKiss(マーガレット)
・天は赤い河のほとり(少女コミック)
・バガボンド(モーニング)
・べしゃり暮らし(ヤングジャンプ)
・21世紀少年(ビックコミックスピリッツ)
・玄人のひとりごと(ビックコミックオリジナル)
・あたしんち(読売新聞)

一応男性誌の方は現在連載中もしくは連載終了から時間が経っていないものを選んでみたが、こんなもの書かせてどうするつもりなんだ・・・。
せめて好きな作家にしてくれ・・・。


■好きな音楽は?

小田和正

もうね・・・さっきの漫画みたいなことになるから、めんどくさいので小田さん一本で行かせていただきます。
小田和正の声はライブにおいて絶対の物になる。
女声域までの高音をファルセットを使わずに出す彼の歌声を聴いたリスナーは、その声を神の歌声と評する。
まあ多少大袈裟な気もするが、正直言ってCDよりもライブの音質の方がいいと僕自身も思うのでやはり天才であることは間違いない。
小田氏に僕は音楽の素晴らしさを教えてもらったので、ここで上げさせてもらった。
彼がTBS系列で毎年クリスマスの前後に行っている音楽番組「クリスマスの約束」で他のアーティストの楽曲を歌うと少なからずオリジナルよりもよくなってしまい、2チャンネラーなどから「原曲レイパー」と呼ばれたりもする。
何を隠そう私もクリ約2006でレミオロメンの粉雪を小田氏が歌っているのを聞いてから、レミオロメンの歌うオリジナルの方を聴けなくなってしまった・・・。(嘘だと思うならニコニコ動画に小田とレミオロメン両方のライブがUPされてるからご覧ください。本当に雲泥の差だから・・)
小田恐るべしである・・・。
そして彼を神と呼ばせるゆえんは、彼が60歳を超える現在においてなおオリコンチャート上位にランクインさせる楽曲を自身で描く現役シンガーソングライターであることだと私は思う。

■好きなブランドは?

・PaulSmith(アパレル)
・OMEGA(時計)
・BVLGARI(宝石)
・Lexus(車)
・Meissen(食器)

■回した人はどんな人?

こんな風に自身の価値観をもう一度確認したい方はやってみてもよろしいかと思われます。
以外に楽しかったですよ(笑)


■回してくれた人は?

ユミ姉

私のメイプル内におけるご意見番。
ユミさんから学ぶことは本当に多い。貴重な存在である。
優しさとユーモアを持ち合わせた素晴らしい女性の一人であることはいうまでもない。
現役の母として生きる、現状において生涯を通じて愛するべき人(男性)と未だに出会えずにいる稀な経歴を持ち合わせている。
ここで補足させていただくが、彼女が一人の人間としてほぼ完成してしまっているのではないかと私自身は思う。それによって出会う男性がすべて物足りなく感じるのかもしれない。
恐らく彼女は他人をすでに必要としない域まで達しているのだろう。
一度彼女の人生感や恋愛感をじっくりと聞いてみたいものである。
彼女が歩いてきた道がどのような道であるかに非常に関心がある。
他人にあまり興味を持たない私が惹かれる数少ない一人である。


■貴方が回す人の心の色

すべての人の心は白である。
その心を何色に染めるかは自身で決めるものだ。
あなたの心が素晴らしい色になることを願う。

■罰ゲーム

自身の人生をモチーフにしたエッセイを書いてもらいたい。
どんな人生であれ、生きることはそれだけで一つのドラマである。
つまらない人生など存在しないというのが私の持論である。

2008.03.18 一色 誠
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://moonknight777.blog114.fc2.com/tb.php/39-7efdf92d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。