上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.08.27 彩雲国物語
彩雲国の国語りを聞かせよう。

はるかな昔、国中に魑魅魍魎が跋扈していたその時代、
いつ終わるともしれぬ混沌の中で、一人の若者が旅に出る。
跳梁する妖を追い払い、民の安寧を胸に秘め、いつ果てるとも知れぬ旅を彼は続けた。

やがてその想いに心うたれた八人の仙がつどいくる。
藍仙、紅仙、碧仙、黄仙、白仙、黒仙、茶仙、紫仙――色の名をもつ彼らはいつしか彩八仙と呼ばれ、不思議の力を駆使して若者を助けた。
かの若者の名は蒼玄。八仙の知恵を借り、国の礎を築き、人の世に夜明けを拓いた、彩雲国初代国王。

蒼玄の死後、八仙はいずこかへと姿を消した。だが彼が仙のために建てた風雅の宮は、仙人の住処――仙洞宮と呼ばれ、今もなお王城の一角にあるという。

... 続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。